2016年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »

2014年11月

2014年11月28日 (金)

Vuforia SDK for Digital Eyewearの概要

以前、Qualcomm社が主催する「Uplinq 2014」において、「Vuforia SDK for Digital Eyewear」が発表されたことを記事にしました。そのときのプレゼンの模様がYouTubeに公開されています。



この中で特に注目すべきトピックを時系列順(分:秒)に抽出してみました。

  • (12:20) 
    ユーザキャリブレーションに必要なステップは片眼で2ステップ、両眼で計4ステップ
    キャリブレーションに要する時間は、熟練者で30秒、初心者で60秒くらい
    ユーザごとにキャリブレーションプロファイルを保存
  • (15:00)
    Unityのコンテンツを簡単にステレオ化
  • (20:52)
    Vuforia Native APIに3つ新しいクラスを追加
    プロファイルマネージャにより10人までのユーザプロファイルを管理
    Calibrator Classにより独自のキャリブレーションプロセスを作成可能

  • (22:40)
    Unity Extensionの具体的な解説

公開が待ち遠しいです。

2014年11月20日 (木)

「ARTetriCAN」がMA10セイコーエプソン賞を受賞

先日お知らせしたとおり、昨日渋谷ヒカリエでMashup Awards 10の授賞式が開催され、アプリ「ARTetriCAN」がセイコーエプソン賞を受賞しました。円筒形のテトリスを傾けて操作するというのは、MOVERIOの特徴であるシースルー、ハンズフリーを活かせるということが受賞の理由です。ありがとうございました。

また、「ARTetriCAN」はMOVERIO Apps Marketでも公開されましたので、MOVERIOユーザの方はぜひダウンロードしてお楽しみください。

Mashup

2014年11月19日 (水)

「MOVERIO体感ムービー」で「TekkyuAR」紹介

エプソン様のMOVERIOスマートグラス製品情報サイトの「MOVERIO体感ムービー」のワンシーンで「TekkyuAR」が紹介されました。

2014年11月13日 (木)

SDhosei 「応用プロジェクト研究」成果報告

本記事は、SMDLabの成果ではありませんが、私の所属する法政大学デザイン工学部システムデザイン学科では、今年度から4年生の新カリキュラムの1つとして「応用プロジェクト研究」というこれまでにない実験的な授業が行われているので、その成果をご紹介したいと思います。

「応用プロジェクト研究」は、先に学生や教員が製品アイディアを提案し合い、その中から実際の商品として通用するであろうアイディアのみを篩にかけて選び出し、学生同士でチームを組んで、そのプロトタイプ制作とクラウドファンディング形式のプロモーション用Webページを提出します。今年度は、4つの製品アイディアが選ばれ、先日その成果が発表されました。まだ粗削りなことろがありますが、そのプロモーションビデオをYouTubeに公開しましたので、ぜひご覧ください。なお、これら4つの作品は、GUGEN2014 というハードウェアコンテストに応募(エントリーNo.30~33)しており、今後さらにブラッシュアップしていく予定です。気に入っていただけたら、応援してください。

「ARTetriCAN」でMashup Awards 10授賞式に出席

先日リリースしたアプリ「ARTetriCAN」をMashup Awards 10 (MA10)応募したところ、授賞式参加要請の招待メールを事務局からいただきました。どうもありがとうございました。どのような賞をいただけるのかは当日のお楽しみということですので、11月19日(水)にTechCrunch Tokyo 2014 にて開催される授賞式のご報告とともに後日また記事にする予定です。

NTT DOCOMO Ventures Day発表報告

以前、記事でご紹介しましたNTT DOCOMO Ventures Day にて、SMDLabのメンバーである渡邉清峻がDocomo Developer Application Contest 2ndにおいて最優秀賞を受賞した「TekkyuAR」 の紹介プレゼンを行いました。500人にも及ぶ大聴衆の前で堂々と素晴らしいプレゼンをしてくれました。おかげでTekkyuARの紹介ブースも大好評で多くの方々から絶賛のお言葉をいただきました。どうもありがとうございました。また、NTT DOCOMO様にTekkyuARのキューブ型ターゲットの展開模型を作成していただき、来場者の方々に配布していただきました。これでダウンロード数アップ間違いなしです。今までキューブをそのままカバンに入れるとつぶれしまって持ち運びに苦労していたのですが、これがあればもう大丈夫です。

Docomovday

Docomovdaybooth
Docomovdaynet       

« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »