2016年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« Metaio Webinar: Epson Moverio and SDK 6 (advanced) | トップページ | AppleがMetaioを買収 »

2015年5月15日 (金)

Vuforia 4.2.3 不具合回避方法

Unityで制作しているARアプリのプロジェクトをVuforiaの最新版4.2.3にアップグレードしようとしたところ、Previewでは問題なく動作しているのですが、Android端末用にapkをビルドして、起動すると、ターゲットを認識した途端に、画面がホワイトアウトしてしまうという不具合が発生してしまうという現象に悩まされました。こういうときは、「まずForumを見ろ」という鉄則に従い、調べてみると、下記のような記事がすぐに見つかりました。

この回答には、あまり具体的に書かれていませんが、「3Dオジェクトのテクスチャシェーダを変更すればいい」らしいことがわかります。そこで、オブジェクトのインスペクタを見てみると、下図のように「Standard」というシェーダが選択されています。

Vuforiabug01_3


今回は、オブジェクトを透明化して表示したいので、下図のように、このシェーダのプルダウンメニューから「Transparent/VertexLit with Z」を選択して、再度ビルドしてみたところ、不具合が解消されました。

Vuforiabug02_3

« Metaio Webinar: Epson Moverio and SDK 6 (advanced) | トップページ | AppleがMetaioを買収 »

Unity」カテゴリの記事

Vuforia」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/596451/61592214

この記事へのトラックバック一覧です: Vuforia 4.2.3 不具合回避方法:

« Metaio Webinar: Epson Moverio and SDK 6 (advanced) | トップページ | AppleがMetaioを買収 »